にわとりマチコ

<   2004年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧




何が何でも

今日のゼミでわたしの原稿が誉められたらしい。
あの先生全然人のこと誉めないのに。
すごくうれしかった。
長い間ゼミに出られないことが、本当に悔しい。
学びたいことを学べないというのが、こんなにもやるせないことだなんて知らなかった。


たくさんのものを犠牲にしてきました。
犠牲というと語弊があるかもしれない。
でも、わたしは確かに「こけむすさえなかったら」という思いを抱いたことがあります。
わたしは、多くのものを犠牲にしてきました。

だから明日は何が何でもやってやります。
わたしの最後の舞台です。
明日は、何が何でもやってやります。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-30 01:24

保健の村、治雪・活雪・親雪の村

今年の2月、岩手県に5泊のゼミ合宿に行ってきた。
沢内村というその村は、豪雪地帯のため晴れた日と雪の後の景色がまるで違う。
わたしたちは、スノーバスターズという雪かきに参加すべくその沢内に行った。
先生はずっとわたしたちを沢内に連れて行きたいといっていた。
沢内に着いてから、ゼミの先生の曽祖父が沢内村の初代村長ということを知り、
やっとその理由を知ることができた。
沢内村はすごいのだ。
医療面において、とてもすごいのだ。

生命尊重の基本原則と自分の健康は自分で守るという住民の自覚と認識により、沢内村は全国的に知られる包括医療体制を構築しました。健康づくりの基本は予防におき、健康管理課(現 保健福祉課)が中心となり日夜、各種の検診や保健衛生思想の普及に努めています。中でも35歳から59歳までの住民を対象として実施される総合成人病検診は、成人病の早期発見に大きな成果を上げています。老人一人当たりの年間医療費も、比較的低く抑えられている。65歳以上の人が30%を超える本村では、在宅福祉、生きがい対策などを、関係機関と連携しながら展開しています。(沢内村HPより引用)

ほらね。
これだけではわからないだろうけど。
福祉を「暮らしを支えていく」ものと捉え、若い世代にすべてを担うのではなく、旧来の人がコミュニティを創る。
都会で暮らす人には一生掛けても理解できないものをほんの少し見ることができた。

わたしは村の人たちに、人一倍お世話になった。
発熱してずっと寝込んでいたから。
親切が身にしみた。月並みだけど、ほんとに助かった。
今日は沢内でお世話になった方がオビリンまで来てくれたのです。
ゼミの後に沢内の近況報告をして、そのあとお食事会。
さすがにこけむすの本番前日だしお食事会はいけないと思ってたんだけど。
挨拶にも行けなかった。。。
ものすごく後悔。薄情な自分。なにもできない自分。
今日も変わらず終電に乗り、その寂しさと切なさとそして不甲斐無さに涙腺が緩んでしまいました。
挨拶に行きたかった。
ただ一言、沢内の夏はどうでしたか?って聞きたかった。
ばかー。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-30 01:18

すっげ書きすぎ

同じ長さで同じ向きのベクトルの集まりじゃないといい作品は出来ないといわれた。
だがそんな集団からおもしろいものが生まれるとは思えない。
違う長さがあるから向上心が生まれ、違う向きがあるから多様性が生まれる。
同じ長さ、同じ向きだなんて、傷をなめあうことしかできない。
他を認め、高めあうことで成長する。
固執した考えは、結局生み出すものも限られる。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 15:05

今まさに働いています

あたしの学生時代の時間、まぁクサク言えば青春なんだけど、あたしの青春って1時間900円の価値なのかしら。
なんで900円かっていうとバイト代の妥当な金額だと思うから。
2000円くらいの価値があってもおかしくないと思うのよね。
だからといって2000円払うから1時間休みが欲しいとは思わないけど。
金銭では比較できない価値よね。
学生時代の価値が1時間900円よりあるとしても、やっぱりだらだらしてる時間もあるわけで。
ならばそんな時間にバイトをしてもいいんじゃない?お金ももらえるし。

1時間10000円くらいの価値のある学生時代を送りたい。
将来、懐かしみながら、微笑みながら思い返せる学生時代にしたい。
将来のために今を生きるわけではないけれど、今という時間を無駄にしたくない。
でもたまにはブレーキを踏みながら、ゆとりのある時間をすごしたいのよね。
ゆとりとだらけは違うのよ、と自分に言い聞かせながら。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 15:02

だから日本語が好き

自慢と我慢て、不思議。
自と我って同意語なのに、自慢と我慢って全然違う。
自慢はひけらかしで我慢は忍耐。
自は外へ向けた感じで、我は内ヘ向けた感じ。
自我同一性って言葉からも、自と我の二面性が伺える。
やっぱ内と外ってことなのかしらん。
それとも他人に向けてと自分に向けての同一?
んーでもそれはやっぱり内と外につながるのよね。
どうして自慢は嫌な意味で捉えられ、我慢は奥ゆかしい意味で捉えられるのか。
外に出すと嫌味になるのかしら。
内に秘めておくと敵を作らないのかしら。
日本人は主張されるのが嫌いなのね。
我を通すとうまくいかないものね。
あ、でもじゃなんで「自を通す」とは言わないのかしら。
どうして「我を通す」なのかしら。
内に秘めた思いを通すから?
だから我?
自と我って同じような意味だけど、奥の部分では全然違うのね。
はふぅ。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:50

あたしはしゃべり場には出られない

この前しゃべり場で上下関係は必要ないって中学生が発言してた。
先輩にも敬語を使わず、近所のおばちゃんたちにも敬語を使わず仲良くしゃべる。
こんな環境にあるから社会の上下関係が不必要だと思うらしい。
いやぁだめだろ。
先輩に敬語を使えとは言わないけど、社会性があるなら敬語って使ってしまうものだと思うわ。
その中学生が上司と部下って関係は必要ないって言ってたけど、結局それが社会を作るのよね。
上を支える下がうまく働いてこその社会だと思うわ。
それで成り立つんだと思うの。
縦すぎず、横すぎず。
社会を形成するって、とてつもなく大きなプロジェクトなのね。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:48

雨の振る夜は

必ず泣きます。
わたし、ここで。

本当は、先まず、この事の方を先にお願いすべきだったのだ、己が人間だったなら。飢え凍えようとする妻子のことよりも、己おのれの乏しい詩業の方を気にかけているような男だから、こんな獣に身を堕おとすのだ。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:39

魚なんだよ

変な響き。ケチャップ。
コエチアプ→ケチョップ→ケチャップ説が有力みたい。
ケチャップ。変な響き。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:36

神社の裏で

変な夢を見た。

目の前に池が広がり、そこにおたまじゃくしと蛙がいる。
所々池の淵におたまじゃくしのしっぽだけが切り取られ、無造作に置かれる。
蛙がおたまじゃくしを食んでいるのだ。
ハエをくわえるあの口で、泳ぐおたまじゃくしを捕らえる。
半分にちぎり、去る蛙。
池の中でしっぽをとられた頭だけのおたまじゃくしが泳ぐ。
弱肉強食とはまた違う、生きるという概念。
サトゥルヌスともまた違う、生き延びるという概念。

あの夢はあたしに何を言いたかったのかしらね。
夢の中で聴いた音楽や画、話を作品として残した人も多い。
「悪魔のトリル」、ビートルズの「イエスタデイ」、スティーブンソンのの「ジギル博士とハイド氏」。
いやだからあたしにもできるわけじゃないんだけど。

変な夢だったのよ、とにかく。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:36

球根

ここはあたしの脳みそにするつもり。
でも、なんか違う。
無理やり取り繕って文章を書いてる感じがする。
書きたいことをっていうか、日記なんだし書かないとって。
でもそれじゃだめなんだな。
あたし、皮をもう一枚脱ぐわ。
どこまでも皮で、どこまでも身なの。
タマネギ。
もうちょっとコアなあたしを出してみる。
もっともっと考えるわ。
読み手を考えてびくびくするのもやめる。
自分が書いたものは、自分で責任を取るわ。
その覚悟で。
あたしはあたしを、あたしの中で活性化させるわ。
[PR]



by machiko_nk | 2004-09-29 14:16

アイスは1日1こまで
by machiko_nk
プロフィールを見る
画像一覧

twitter*

ファン

ブログジャンル

画像一覧