にわとりマチコ

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧




おなかいてぇよぅ

まず、衝撃の事実を。
具体的に言うけどね、4キロ太ってました。ここ1ヶ月で。衝撃。明日から本気でダイエットするから。まじで。まじでまじでまじで!!!!!!!!!!!!!!!!!!ほんとうにどうにかしないと。とりあえず、食べたら動く。ちょこまか動く。そこに気をつける。だらだらしない!!

まぁでもおとといは今日より2キロ少なかったので、身体がむくんだりなんだりしてるだけなんだと思います。そう願ってます。



ほんとはいろいろ考えたことがあったのに、眠気のほうが上回っているので寝ます。また、こんどね。
[PR]



by machiko_nk | 2006-06-14 23:15

ねむくない

信頼っていうのは、難しいものなんだなと思いました。

自分のことばっかりじゃだめなんだけど、でも自分ひとりしかいない状況だと自分のことばっかり考えてしまうね。昔コスゲに「はっちゃんも何か趣味を持ちなよ」と言われたことを思い出しました。あたし、時間の遣い方が下手くそなんかな。

明日からまたがんばろー。
[PR]



by machiko_nk | 2006-06-11 23:11

ねむねむ

なんだか「書ける」ことがうれしくて、もいっちょいったれ精神で書いてしまおうと思います。

来週火曜日にTOEICがあるんだぬーん。むりむり。おそらく自己ベストは大学1年生のときのだと思われ。確実にあの記録は抜けないよぅ。350点が最低ラインらしい。350点ってむずかしいの?

調べてみたら、350点は初めてTOEICを受ける人が目指す点数(正しく定義されてるわけじゃないけど)らしい。うひょー。A文科出身としては、それは恥ずかしい点数なのね。。うひょー。

英語ができないのがばれちゃうじゃないのー。ううう。あたしほんとに不安。大学で何勉強してきたの?って言われちゃうよぅ。500点超えてたのが遠い昔だわ。。(それでも所詮500かよ・・)今からじゃどうしようもないので、とりあえず集中力だけは切らさないように気をつけよう。たぶん帰りはとんでもなく疲れてるだろうからソフトクリームを食べて帰ろっと。ソフトクリームは糖分たっぷりな上に身体がすぐに吸収するから疲労回復にはもってこいなんだってさ。ドライブで疲れたらパーキングエリアでソフトクリーム食べるといいらしいよ。

ふいーねむー。明日も明日とて研修(さらには飲み会だった!忘れてた!!)なので、もう寝ます。おやすー。
[PR]



by machiko_nk | 2006-06-09 00:42

再開

前回も書いたとおりですが。もはやmixiに本音は書けません。そもそもweb上に書く日記だから誰かに見られることは前提条件であるわけですが、それでもmixiには書きたいことが書けません。

なぜ作家でもない私が自分の日記を書くのに読み手に受けるものを書かなければならないのか。これがずっと疑問だった。自分の書きたいこと、つまり自分の感情や考察は、他人の興味のないところであるのはわかっている。そしてmixiはそれを受け入れられにくい環境であることも。ならば紙媒体に書けばいい。それこそ、日記帳につければいい。でも自分ののうみそをちらりと公開するのはやっぱり楽しい。つまりはわがままなんだな。読まれたいけど、読まれたくない。mixiは狭すぎた。


社会人になりました。まだ「働く」ことがどういうことかもわからず、研修ばかり受けている身です。お給料はしっかりといただき、明日はボーナスまでいただけるそうです。すみません。

社会人になっても悩むことは恋愛になりきらない恋愛のことばかり。そんな自分にがっかりしている。そもそも私は恋愛至上主義ではなかった。それは今でも違うと信じている。でも思春期を迎えたころから一番の悩みといえば異性関係だった。思い返してみても、私を悩ませるのはいつも異性が絡む何かしらだった。

あたしの人生、恋愛だけではないのに。ないはずなのに。もっといろいろ考えたいのに。でも悩んで悩んで悩み切ったとき、最後に残るのは結局この問題なんだと思う。


好きな人がいる。
よくわかんないけど、結構本気なんじゃないかと思ってる。ほんと、なんでかよくわかんないんだけど。でも人を好きになるっていうのはそういうもんなんだから、これは勘違いでも何でもないんだと思う。

相手も好きだと言ってくれている。
これこそなんでかよくわかんないんだけれど、相手も同じ気持ちでいるらしい。嫌われるようなことしかしてない私は、なんで好かれているのか正直よくわからない。

でもね。
彼はあたしの手帳や携帯、ひいては日記まで読んでしまった。こうやって公開してる日記を読まれることは恥ずかしながらも有難いことだと思っている。でも誰に読ませるでもない、自分のためだけに書く日記を他の人に読まれることは、とんでもない羞恥が伴う。事実私は日記を読んだ彼を恨むより先に恥ずかしさに動揺してしまった。メールも読まれた。メールは相手ありきのものであり、その相手が私に宛ててくれたメールまで読まれてしまったことは恥ずかしいだけでなくその送信者に申し訳なく感じている。

それ以来、私は日記を書いていない。何を読まれたのか、何を知られているのか、自分がそれを知ってしまうのが怖くて日記帳を開けない。ほんとは書きたいことがたくさんあるのに。いくらこうやって日記帳を開かなくとも彼に読まれてしまったことは事実として成立してしまっているのに。

1年以上前に書いたこの日記の題材の人がかなり気になるみたいで、この人について詰問された。もう2年以上前のことだし、私の中では完全に終わった話だし、自分の中で完全に整理がついたから最近は開けっぴろげに話せるようになってきたのに、彼は少しの不安要素も許せないらしく、私の携帯にあるメールをチェックしては問いかける。

今日これを書いて、だからどうした話でもない。ただ、書きたかっただけ。ソーシャルネットワーキングはそれすらかなわない。
明日からはもう少し内容のある日記を書こうと思う。脳みその、チラリズム。
[PR]



by machiko_nk | 2006-06-08 23:41

アイスは1日1こまで
by machiko_nk
プロフィールを見る
画像一覧

twitter*

ファン

ブログジャンル

画像一覧