にわとりマチコ

しらぬい

結局録音しながら寝ました。
今はPCには入れてなかったCDをひたすらPCに取り込んでます。
HDDには一気に突っ込めるから、とりあえずPCに入れようと思って。
一応厳選してるつもりではあるのだけれど、
HDDに入れたいCDがあと40枚以上ある。。
どんだけCD持ってたんだろ。しかも古いのばっかり。
しかも容量を小さくするために低ビットにしてるからものすっご遅い。
でもいちいちCD取り替えたりしないといけないから何かに夢中にもなれないし。
本読んでたら、本に夢中で録音終わってるの気付かなくて無駄に時間を過ごしてしまった。
理論上PCに取り込むだけであと5時間はかかる。
でも今日は学校に行くから12時でまず切り上げよう。
あとは帰ってきてからにしよう。
今日は図書館で借りたい本があるのです。読みかけの本。
クリスマスの日に図書館で論文書いてて、逃避したくなって読み始めた本。
東野圭吾の本。
3分の2くらい読んで、こんなことしてる場合じゃないって思って
やむなく逃避から戻ってそのまま放置してたんだった。
続きが気にはなっていて、ブックオフでハードカバーのその本が100円で、
買ってしまおうかとも思ったんだけど、でも図書館に行けばあるんだし、
買ってもきっと2度目はないなと思ってやめたのでした。

ぎゃ。FDについて考えていたらまた録音完了してるの気付かなかったよぅ。
HDDね、すごくいいの。ただ一つの不満を除いては。
あたし外付けバッテリーもほしかったなー。乾電池式の。
遠出するときとか持っていくとして、ACアダプタ持って行かなくちゃならないじゃん。
乾電池だったらそんなにかさばらないのにー。
今はみんな充電式だからかしら。
あたし乾電池愛用してたのに。長時間もつんだもん。
遠出するときは壊れかけのMDウォークマンで行こうかな。
あ、でもちゃんと充電しておけば30時間くらい使えるんだよね。
そしたらそれだけで十分かな。
外出時毎日聞いていても週に1回くらい充電すればいいんだもんね。
あーこういうつまらない話題ならいくらでも続くのに。
なんであたしの方向性ってこういうのばっかなんだろ。

あたしは今「オペラ座の怪人」が見たい!
あれは絶対映画館で見たい!
あたしがそう思うのは実に久しぶりのことなのです。
スワロフスキーのシャンデリアはあの大きさで見たい。
この前世界最大級だというバカラのシャンデリアを見てきたんだけど、
それ以上に見てみたい。あんなの降ってきたらたまんない。
「ボーン・スプレマシー」もちょっと見たい。
前作はたしか幼なじみとみたんだったな。
そういえば「ハウルの動く城」が上映されてもうすぐ3ヶ月目だって。はやいね。
あたし見てないんだけど。
「カンフー・ハッスル」も見たかったけど、見てないや。
ジョニー・デップだいすきだから「ネバーランド」も見たかったんだった。
ネバーランドのチラシ、ジョニー・デップ目当てにいっぱいもらったもん。
ジョニー・デップといえば三上博史を思い出すのだけれど。
三上博史だいすきなのね。
で、色っぽさというか艶っぽさがジョニー・デップと似てるのです。
三上博史の顔はどうしようもなくツボなんだな。
15年くらい前に中原中也役を三上博史が演じたことがあるんだけど。
納得納得。彼ら顔が似てるもん。
あたし中原中也の詩作品すきだけど、あの顔もすきだもん。
尾崎豊が中原中也を好んで読んだと何かで読んだことがある、気がする。
尾崎豊と中原中也は似てる。
どことなく反抗的な作品がおおいことや、
若者の支持をおおく受けていることとか。
同じ方向というか傾きのカリスマ性がある。
あと殻に閉じこもる感じも似てる。短命だったことも。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の再演みたいなー。
三上博史のヘドウィグ。
ヘドウィグっつうと白いフクロウしか思い出せなくなっちゃった。

入社説明会の日取りをなんとなく検索してたら
もういい加減本気でやらなきゃって気付いた。
ちょっとほんとにやろ。あたしただ遊んでる人になっちゃう。
ニートやフリーターが悪いとは思わないけど、やっぱりあたしは働きたい。
あたしがセンターを受けたとき、57万人くらいいたのね。
だから単純に約60万人今大学3年生がいるわけでしょ。
短大だったり院に進んだりってのもいるだろうけど、
でも推薦で大学に入ってる人だっているわけだから、
感覚的な数値だけど50万人以上の人があたしと同じ立場にあるわけでしょ。
世の50万の大学3年生もしくは短大1年生はみんな同じように焦っているのかしら。
まぁみんながみんな就職するわけではないけれども。
でもそんな足並み揃えるような考え方では、他と差はつけられないよね。
ふー2004年は何の後悔もなかったのに、2005年は後悔で幕開けかも。
こうやって引き合いに過去を持ち出すあたりでなんだか消極的。
だらだら日記書いてないで行動に起こすべきなんだろうけど。
机上の空論がすきなのは、あたしの悪い癖なんだな。
あーどんどんつまらなくなってきた。
この話題、やめ。

If I only loved you half as much
Took the other half and turned it inside out to love myself
Then I'd be alright
If you only knew me half as well as I konw you should
Then I am sure our love would carry into tomorrow
これはマリベスの"Half As Much"の一節なんだけど。
あの声この歌詞。切ないわー。
この曲聞くとここだけ歌ってる。この部分しか歌えないからなんだけど。

おわわ。日記が長いよぅ。
今日は今から学校よー。色々調べてこれからの予定を埋めていくわよ。
ストッキングとか買わなきゃ。あとブラウスも。
髪の毛は黒くする気はないんだけど、でも今地毛が出てきてるから単一に染めようかな。
どうせ前髪上げて行くから髪の毛の色はあんまり気にならないんだけど。
ていうか。どうしても会社がそんな理由で人を落とすとは思えないのです。
だって会社に悪意があって髪の毛を茶色くしてるわけじゃないしさ。
倫理に反するような色なわけでもないしさ。
もし規定が黒なら次の日には黒く直せるわけだしさ。
会社のおじさんたちだって現代の大学生の身なりくらい知ってるだろうし、
面接のときだけ黒髪で、内定もらって出社するときには
茶色くなってるってのもどうなのって。
スーツは黒、靴は半ヒール、スカート丈は椅子に座ったとき膝が隠れる長さ。
これを至極当然と受け止めるのか。
無個性イエスマン。その予備軍はこうやって生まれるんじゃないかしら。
なんて言ってると社会にそぐわないレッテルを貼られてしまう。
「個性が大事なんだから、スーツとかでそんなに悩まなくても大丈夫だよ」というのは、
もう社会に出て、自分のスタイルが確立されているから。
あたしはまだ社会に足の爪先を突っ込んだくらい、
もしくは突っ込みかけている段階だからそう大きくは出られない。
この矛盾。
これまでに倣い、社会規範に沿うのは一向に構わないんだけど、
でも狂的に就活とはこういうものだと定義して
それに被さるのはいかがなものかと思うのです。
ぷぷぷ。今はこんなこと言ってる場合じゃないんだった。
被され。覆ってしまえ。そうしないと波には乗り切れない。
流されまいと一線引いていることが、ただ引き離されているに過ぎないのかもしれない。
流されまいと意固地になるのではなく、乗りこなせ。
なんて一般論を交わしているのならちょっと動こ。
学校行こ。準備しよ。
[PR]



by machiko_nk | 2005-02-08 12:17

アイスは1日1こまで
by machiko_nk
プロフィールを見る
画像一覧

twitter*

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧